小谷元彦展 幽体の知覚…静岡県立美術館

2011年5月28日(土)~7月10日(日)
初期作品から最新作までを一堂に。新作映像インスタレーション1点も出展。

会期:2011年5月28日(土)~7月10日(日)
時間:10:00~17:30(入室は閉館30分前まで)
休館日:月曜日
会場:静岡県立美術館
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/access/
観覧料:
一般900円
70歳以上400円
大学生以下無料
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は無料。 

■静岡県立美術館
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/

内容:
小谷元彦(1972年-)は、東京藝術大学で彫刻を学んだ後、彫刻、写真、ビデオ等さまざまなメディアを用いて、従来の彫刻の常識をくつがえす作品を発表してきました。その造形表現と美意識は高い評価を受け、2003 年にヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表の一人として選ばれるなど、国内外でめざましい活躍を見せています。
 小谷は、痛みや恐怖などの身体感覚や精神状態をテーマに見る者の潜在意識を刺激するような作品を制作します。毛髪を編んだドレスや拘束具をつけた動物、異形の少女、屍のような武者の騎馬像など、一つの解釈に帰着しえない多層的なイメージは、美と醜、生と死、聖と俗の境界線上で妖しい魅力を放ちます。
 彫刻というメディアのもつ性格に対して鋭敏な意識をもつ小谷は、彫刻特有の量感や物質性を逆手にとるかのように、実体のない存在や形にできない現象、すなわち「幽体」(ファントム)をとらえ、その視覚化を試みてきたといえます。この展覧会では、10年以上にわたって発表されてきた小谷の初期作品から最新作までを一堂に集めるほか、「映像彫刻」とも呼ぶべき体験型の大型映像インスタレーションを紹介します。
 なお、本展は、2010年11月~2011年2月に森美術館で開催された同タイトルの展覧会を、静岡県立美術館の展示空間にあわせて再構成したもので、森美術館では未発表の新作映像インスタレーション1点が出展される予定です。
 ロダンをはじめ近代彫刻史の展開を紹介するコレクションが並ぶ美術館で、小谷の表現は、彫刻の概念を拡張するにとどまらず、美術そのものの新たな魅力と可能性を提起してくれることでしょう。
(静岡県立美術館HPより)
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2011/02.php

05/30/2011