生誕130年 橋口五葉展…千葉市美術館

2011年6月14日(火)~ 7月31日(日)
油彩、水彩、素描、版画、絵葉書、装幀本、ポスターなど約400点から橋口五葉の仕事の全貌を探る。

会期:2011年6月14日(火)~ 7月31日(日)
休館日:7月4日(月)
時間:10:00~18:00(金・土~20:00、入場は閉館30分前まで)
会場:千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/information_03.html
観覧料:
一般1000円
大学生700円
小・中学生、高校生無料
障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

■千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/index.html

内容:
 橋口五葉(1881-1921)は鹿児島市の生まれ。1899年に上京してはじめ橋本雅邦に日本画を学びますが、まもなく洋画に転じて東京美術学校へ進みました。油絵修業のかたわら図案にも才を発揮、1905にはかの『吾輩ハ猫デアル』(夏目漱石著)で装幀家としてデビュー、以後アール・ヌーヴォーを基調とした優美な装本の数々を世に送りました。1911年の三越呉服店による懸賞広告画募集では1等となって話題をさらい、同じ頃から錦絵の研究・復刻にも取り組んでいます。そして1915年の渡邊版〈浴場の女〉を経て〈化粧の女〉や〈髪梳ける女〉に代表される珠玉の私家版木版を残し、41歳の若さで没しました。
本展は、監修に美術史家の岩切信一郎氏を迎え、油彩、水彩、素描、版画、絵葉書、装幀本、ポスターなど約400点から改めて橋口五葉の全貌を探ろうとするものです。展示作品には、1912年の无声会展に出品され、モノクロ写真でのみその存在を知られていた幻の〈黄薔薇〉をはじめとする新出資料が数多く含まれ、五葉の制作の軌跡をかつてなく照らしてくれることでしょう。五葉が独自の美意識をもって創造した多様なデザインや女性像、その馥郁たる線と色を、どうぞご堪能ください。
(千葉市美術館HPより)
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2011/0614/0614.html

06/02/2011