オン・ザ・ロード 森山大道写真展…国立国際美術館

2011年6月28日(火)〜9月19日(月・祝)
デビュー当時から現在まで、主な写真集10数冊の流れに即して写真家・森山大道の軌跡を回顧する。

会期:2011年6月28日(火)〜9月19日(月・祝)
休館日:月曜日 (ただし7月18日、9月19日は開館)、7月19日(火)
時間:10:00~17:00(金〜19:00、入館は閉館30分前まで)
会場:国立国際美術館B3階
http://www.nmao.go.jp/info/access.html
観覧料:
一般1000円
大学生700円
高校生以下、18歳未満無料
心身に障害のある方とその付添者1名は無料

■国立国際美術館
http://www.nmao.go.jp/index.html

内容:
森山大道(1938年、大阪生まれ)は、商業デザインの仕事に携わったのちの1960年、22歳の時に大阪在住の写真家・岩宮武二に弟子入りします。細江英公のアシスタントを経て、1964年に独立、カメラ毎日、アサヒカメラなどに発表の場を得ました。現在までの約半世紀ものあいだ、東京を拠点に撮影と発表を行っています。
森山の写真の被写体は、ほぼ一貫して、路上に見いだせる日常の断片でありながら、その写真は、見る者を激しく揺さぶりながら、写真というものの概念の拡張に貢献してきました。写真とは何かを、改めて問わせる力を兼ね備えています。今日では国際的な高い評価と、幅広い層からの人気を獲得し、現代日本を代表する写真家の一人となっています。
本展では、1965年のカメラ雑誌デビュー当時から現在まで、写真家・森山大道の軌跡を、主な写真集10数冊の流れに即して顧みます。そこから森山の個性なるものと、写真観の変貌の両方が読み取れることを願っています。総出品点数は400点以上、東京をテーマにした森山にしては珍しいカラー写真も紹介する予定です。
(国立国際美術館HPより)
http://www.nmao.go.jp/exhibition/index.html


06/09/2011