ブラティスラヴァ世界絵本原画展-世界の絵本がやってきた…うらわ美術館

2011年7月9日(土)~8月31日(水)
ブラティスラヴァ世界絵本原画展受賞作品と日本人作家の出展作品を展示。 また特別展示としてチェコ共和国の家庭用操り人形も紹介。

会期:2011年7月9日(土)~8月31日(水) 
休館日:月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
時間:10:00~17:00(入場は閉館30分前まで)
会場:うらわ美術館ギャラリーA・B・C
http://www.uam.urawa.saitama.jp/kotsu.htm
観覧料:
一般600円
大高生400円
中小生無料

■うらわ美術館
http://www.uam.urawa.saitama.jp/index.htm

内容:
ブラティスラヴァ世界絵本原画展は、スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年に一度開催されている世界最大規模の絵本原画展です。世界各国から国内選考を経て出品された原画が一堂に展示され、4日間にわたる国際審査により賞が決まります。またこの絵本原画展は、絵本としてすでに出版されていることが参加条件となっているため、世界各国の個性豊かなベテラン作家の競演を楽しむ機会となっています。本展では2009年展のグランプリをはじめとする受賞者11名と8名の日本人作家の原画作品、そして同展出品の各国の絵本を展示します。
さらに特別展示として、隣国チェコ共和国の家庭用操り人形を紹介します。人形劇はチェコ文化の重要な要素のひとつですが、特に家庭用人形劇はチェコの歴史と伝統を探る上でも貴重な資料と言えるでしょう。
今年の夏休みは絵本と人形劇の世界を併せてお楽しみください。
(うらわ美術館HPより)
http://www.uam.urawa.saitama.jp/index.htm

06/23/2011