東北復興応援特別企画 棟方志功 祈りと旅…愛知県美術館

2011年7月9日(土)〜9月4日(日)
没後35周年を記念して、棟方志功の足跡を示す約330点の作品を紹介。

会期:2011年7月9日(土)〜9月4日(日)
休館日:月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
時間:10:00〜18:00(金〜20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/info/index.html
観覧料:
一般1000円
高校・大学生700円

■愛知県美術館
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/index.html

内容:
ゴッホに憧れ「わだばゴッホになる」と美術の道に進むことを決意した棟方志功(1903~1975)。やがて版画の世界に触れ、版画こそが日本独自の美の表現だと確信します。板という素材の持つ力に注目し「板の生命を彫りおこす」ことを探求した棟方は、自ら「板画」と称する木版画で旧来の版画の常識を覆しました。そして1955年のサンパウロ・ビエンナーレ、翌年のヴェネツィア・ビエンナーレの版画部門で最高賞を受賞し、国際的な評価を確立します。板画を中心に肉筆倭絵や油彩画など、多彩な活動に打ち込む棟方の創作意欲は、生涯衰えることはありませんでした。

本展覧会では、「祈りと旅」をテーマに棟方の画業を振り返ります。松尾芭蕉に想いを馳せ『奥の細道』に倣った旅のスケッチをもとにした《奥海道(おうかいどう)棟方板画》など棟方板画を代表する〈海道シリーズ〉や、全長26mにも及ぶ《大世界の柵》は、本展最大の見所です。その他にも、仏教や古代神話、故郷である東北を題材とした数々の板画や、直筆の倭絵、書、陶芸といった文人的な作品から晩年の油彩画に至るまで、約70件300点を通して、棟方の制作活動の全貌をご紹介します。

なお、東北出身の著名な版画家棟方志功を特集する本展は、被災地の長期に及ぶ復興を支援していく「東北復興支援特別企画」という位置づけのもと開催されます。
(愛知県美術館HPより)
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/review.html

06/24/2011