五味太郎作品展[絵本の時間]…滋賀県立近代美術館

2011年7月9日(土)〜9月11日(日)
絵本が完成するまでのプロセスを、代表作の絵本原画やアニメーションなどの資料によってわかりやすく紹介。

会期:2011年7月9日(土)〜9月11日(日)
休館日:月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
時間:9:30~17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:滋賀県立近代美術館
http://www.shiga-kinbi.jp/?page_id=119
観覧料 :
一般950円
高大生650円
小中生450円

■滋賀県立近代美術館
http://www.shiga-kinbi.jp/

内容:
五味太郎(1945- )は国際的にも高い評価を受けている、現代日本を代表する絵本作家のひとりです。幼児から大人まで幅広いファン層を持ち、その作品は全国の子どもたちやお母さん方に愛読されて息の長いベストセラーになっています。

この展覧会は、五味太郎が絵本を完成するまでのプロセスを、代表作の絵本原画やアニメーションなどの資料によってわかりやすく展示しようとするものです。

絵本は文字、写真、原画など多彩なファクターをまとめて作り上げてゆくものですが、本展では文字・写真・原画などをまとめて展示し、また制作過程をビデオで紹介することによって、作者が絵本を発想すること、制作すること、印刷され絵本として出現すること、あるいはそれが発展して他の表現になることなど、絵本が完成するまでのプロセスを多角的にご紹介いたします。

絵本ファンの方だけでなく、絵本作家やデザインを志す方々にとっても、示唆するところが大きい展覧会です。また映像作家としての五味太郎も、アニメーション上映によってご紹介いたします。
(滋賀県立近代美術館HPより)
http://www.shiga-kinbi.jp/?p=14889

06/29/2011