視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション…京都国立近代美術館

2011年7月20日(水)~ 9月4日(日)
多数の貴重な未公開作品を含む遺族所蔵品を中心に、絵画、キネティック彫刻、カメラを使わない写真技法「フォトグラム」作品など、国内外の美術館から集められた約300点の作品・資料によってモホイ=ナジの仕事を展望。

会期:2011年7月20日(水)~ 9月4日(日)
休館日:月曜日
時間:9:30~17:00(金曜日~20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:京都国立近代美術館
http://www.momak.go.jp/Japanese/access.html
観覧料:
一般1300円
大学生900円
高校生500円
中学生以下無料

■京都国立近代美術館
http://www.momak.go.jp/

内容:
 20世紀美術に「新しい視覚(ニュー・ヴィジョン)」をもたらしたハンガリー出身の芸術家、モホイ=ナジ・ラースロー(1895-1946)の全体像を紹介いたします。
構成主義の美術家・写真家、バウハウスの教師として知られるモホイ=ナジは、20世紀前半の前衛芸術運動に参加して「光と運動による造形」という創作理念を確立し、ハンガリーからウィーンへ、そしてドイツ、オランダ、イギリスを経てアメリカへと、自らも世界の都市を移動しながら、多様な造形・教育活動を行いました。
絵画、写真、彫刻、映画、グラフィック・デザイン、舞台美術と多岐にわたる活動は、芸術と工業技術の関係性、情報伝達やコミュニケーションの問題といった、20世紀美術が直面した重要な課題を提示しています。伝統やジャンルにこだわらずに同時代の新しい素材や主題に取り組んだモホイ=ナジの仕事は日本でも早くから紹介され、1930年代の新興写真運動をはじめ、瀧口修造との交流を通じて、戦後は「実験工房」の芸術家たちに大きな影響を与えました。
本展は、多数の貴重な未公開作品を含む遺族所蔵のコレクションを中心に、ハンガリー時代の絵画、キネティック彫刻の代表作《ライト・スペース・モデュレータ》、カメラを使わない写真技法「フォトグラム」、アメリカ時代のカラー写真など、国内外の美術館から集められた約300点の作品・資料によってモホイ=ナジの仕事を展望する日本で最初の回顧展です。その多くが国内初公開となります。表現の可能性をいまなお新鮮に、未来に向けて訴えかけるモホイ=ナジの世界を、ぜひご高覧ください。
(京都国立近代美術館HPより)
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2011/387.html

06/30/2011