テオ・ヤンセン展…大分市美術館

2011年7月9日(土)~9月30日(金)
計14体の「ビーチアニマル」とパーツ、制作工具などを展示。

会期:2011年7月9日(土)~9月30日(金)
休館日:7月11日(月)、7月19日(火)、9月12日(月)、9月20日(火)、9月26日(月)
時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
会場:大分市美術館
http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1291700733430/index.html
観覧料:
一般1200円
高校生・大学生800円
中学生以下無料
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料

■大分市美術館
http://www.city.oita.oita.jp/www/genre/0000000000000/1000000003006/index.html

内容:
オランダ人アーティスト、テオ・ヤンセンが生み出した、砂浜で風を食べて動くビーチアニマル。彼らは誕生以来、年月を経て、さまざまに進化を遂げてきました。一つの生命体としてつながりを持つ海と森。美しい森がなくては、美しい海は育ちません。地球上の生命が海から進化を遂げたように、ビーチアニマルたちも、もしかすると、生まれた砂浜から森へと進む進化を遂げるかもしれません。豊かな海と森をもつここ大分で、彼らは一体どのような表情をみせてくれるのでしょうか。この夏、いのちと環境、自然、そして、アートとの調和を感じてください。
(大分市美術館HPより)
http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1305938113215/index.html

07/04/2011