彫刻家エル・アナツイのアフリカ…埼玉県立近代美術館

2011年7月2日(土)~8月28日(日)
アフリカの現代美術作家・エル・アナツイの本邦初となる大回顧展。旧作の木彫のほか、新作6点を含む近作の大型インスタレーション作品を紹介。

会期:2011年7月2日(土)~8月28日(日)
休館日:月曜日(7月18日は開館)
時間:10:00~17:30(入場は閉館30分前まで)
会場:埼玉県立近代美術館企画展示室(2階)
http://www.momas.jp/002annai/2.htm
観覧料:
一般1000円
大高生800円
中学生以下無料
65歳以上無料
障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名を含む)無料

■埼玉県立近代美術館
http://www.momas.jp/index.html

内容:
壁でキラキラと輝く巨大なインスタレーション。そばに寄ると、それらが金属製の瓶のキャップをひとつひとつ繋いでつくられたテキスタイル状の作品であることに驚きます。エル・アナツイ(1944―)は、ガーナ出身、ナイジェリア在住の現代美術作家で、着想の見事さと美しさとで観るひとを圧倒する作品は世界的にも高い評価を得ています。現代美術におけるアフリカの存在感と重要性を存分に味わえるスケールの大きな展覧会です。
(埼玉県立近代美術館HPより)
http://www.momas.jp/003kikaku/k2011/k2011.07/k2011.07.htm

07/05/2011