映画「ブッダ」公開記念 手塚治虫展…徳島県立近代美術館

2011年7月23日(土)〜8月31日(水)
「手塚治虫の誕生」「作家・手塚治虫」「手塚治虫のメッセージ」の3部構成で、直筆原稿や愛用品、セル画などを展覧。

会期:2011年7月23日(土)〜8月31日(水)
休館日:月曜日(ただし8月15日は開館)
時間:9:30〜17:00
会場:徳島県立近代美術館展示室3
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/article/0007230.html
観覧料:
大人1000円
中高生800円
小学生以下500円
4歳未満無料
身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額

■徳島県立近代美術館
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/

内容:
手塚治虫が10年以上の歳月を費やし完成させた最高傑作「ブッダ」の映画公開。そして代表キャラクター「アトム」のデビュー60年を記念した、徳島での展覧会は、今年の全国巡回の中では最大規模となります。手塚治虫が命を吹き込んだキャラクターと物語は様々なメッセージを私たちに届けてくれます。過去から未来へ、地球から宇宙へと自由に羽ばたく想像力が生んだ「手塚ワールド」は、今世紀の私たちに豊かな文化遺産を残してくれました。本展では、作家・手塚治虫が生涯描いたマンガやアニメの紹介と、手塚治虫の歴史を展開し、メッセージの背景と、メッセージそのものを紹介します。
(四国放送HPより)
http://www.jrt.co.jp/tezuka/


 
 

07/06/2011