スウィンギン・ロンドン 50′s-60′s ビートルズとミニスカートに憧れた青春…島根県立石見美術館

2011年7月9日(土)~9月12日(月)
1950〜60年代のロンドンで日常生活に取り入れられたデザイン製品により、当時のライフスタイルを振り返る。

会期:2011年7月9日(土)~9月12日(月)
時間:10:00~18:30(入場は閉館30分前まで)
休館日:火曜日
会場:島根県立石見美術館展示室D
http://www.grandtoit.jp/access/index.html
観覧料:
一般1000円
大学生600円
小中高生300円
障害者手帳保持者および介助者は無料

■島根県立石見美術館
http://www.grandtoit.jp/museum/index.html

内容:
経済の復興とともに、豊かになった1950年代から1960年代にかけてのイギリスで、日常生活に取り入れられた斬新なデザインの工業製品を紹介することで、この時代の新しい生活を見つめ直します。

また当時「スウィンギン・ロンドン」と呼ばれたロンドンの熱狂的な若者文化を取り上げ、ビートルズとミニスカートに象徴される若者のライフスタイルを振り返ります。
(島根県立石見美術館HPより)
http://www.grandtoit.jp/museum/2011/07/09/london/index.html

07/11/2011