アートピクニック-美術をたのしむ…芦屋市立美術博物館

2011年8月6日(土) ~10月2日(日)
「色」「かたち」「線」をテーマに、関西在住の障がいをもつ作家14名の作品約110点を展覧。

会期:2011年8月6日(土) ~10月2日(日)
休館日:月曜日(ただし9月19日は開館)、9月20日(火)
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:芦屋市立美術博物館
http://ashiya-museum.jp/access
観覧料:
一般300円
大高生200円
中学生以下無料
芦屋市内に居住する65歳以上半額
身体障がい者手帳・精神障がい者保険福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護者の方半額

同時開催「三田谷治療教育院のあゆみ」展

■芦屋市立美術博物館 
http://ashiya-museum.jp/

内容:
この度、芦屋市立美術博物館では特別展「アートピクニック-美術をたのしむ」を開催します。
身体的・知的・精神的に障がいがある作家が表現する作品を紹介する本展では、「色・かたち・線」をテーマに関西に在住する14作家約110点の作品を展示いたします。
「色」で紹介する大槻修平の作品は、パターンとして切り取った色紙を貼りつけてからクレヨンで余白や色紙に色を重ねた後、ピンのようなもので色を微妙な力加減でそぎ落とします。そこには緊張感のある奥行きが生まれ、色のさざ波として見る者に心地よく寄り添ってきます。
「かたち」で紹介する山村晃弘の作品は、カラフルな小さなモノたちが、ひとつぶずつつながっていき楽しい世界を作り出します。
「線」で紹介する澤井玲衣子の作品は、リズミカルな線や色から様々なかたちを紡ぎだし、想像することの楽しさを教えてくれます。
彼らの多様な表現は見る者の心の目をほぐし、のびやかに描かれた作品たちは豊かな物語を想像させてくれます。純粋に、描きたい・作りたいという感情から生まれる作品たちは、美術の広さや奥深さを教え、私たちがもつ「美術」のイメージを大胆に変えてくれるでしょう。
美術を鑑賞し純粋に感じる貴重な体験は、日常にあふれている楽しいモノ・美しいモノを見つけるきっかけになると考えます。
本展は、彼らの作品から「美術を楽しむヒント」をあらためて見つけようとするものです。
(芦屋市立美術博物館HPより)
http://ashiya-museum.jp/exhibition/exhibition_next/1096.html

 

07/20/2011