今、美術の力で —被災地美術館所蔵作品から—…東京藝術大学大学美術館

2011年8月2日(火)〜8月21日(日)
被災地美術館の所蔵品から、震災や原発事故に関連する作品、復興を支えるような表現をもった作品などを選抜して紹介。

会期:2011年8月2日(火)〜8月21日(日)
休館日:月曜日
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:東京藝術大学大学美術館展示室1,2
http://www.geidai.ac.jp/museum/information/access_ja.htm
入場無料 ※会期中、募金箱を設置。

■東京藝術大学大学美術館
http://www.geidai.ac.jp/museum/news/news_ja.htm
■東京藝術大学
http://www.geidai.ac.jp/

内容:
 3月11日の東日本大震災と大津波によって、五浦海岸の岡倉天心ゆかりの六角堂が流失したことは、報道等で採り上げられ、文化財の被災を強く印象づけました。同時に該当地域の美術館・博物館も多く被災いたしました。震災から4ヵ月が経過した現在、すでに開館した施設もあれば、未だ開館の見通しの立たない施設もあり、被災の程度によって状況は様々です。復興の兆しは見えつつありますが、東北から北関東にわたる広大な被災地に点在する施設が、それぞれで復興の声を挙げるにしても、その声は相対的に小さなものとならざるをえません。

 今回の展覧会では、被災地美術館の所蔵品から、この度の震災およびかつての震災や原発事故に関連する作品や、復興を支えるような表現をもった地元ゆかりの作家による作品などが選抜されています。これらを、今、一つの会場に結集することで、厳しい現状を乗り越えるエネルギーとしたいとの願いから本展は企画されました。幸い、茨城大学、茨城県近代美術館、茨城県天心記念五浦美術館、いわき市立美術館、岩手県立美術館、郡山市立美術館、水戸芸術館(水戸市立博物館)、宮城県美術館の9機関に賛同していただき、それぞれの立場で所蔵作品から本展出品作品を選んでいただきました。

 そうして集まったおよそ30件の作品群は、大きく3つのタイプに分かれます。
1)地元にゆかりの作家による代表的作品
2)五浦地域の被災に関連して岡倉天心ゆかりの作家、作品
3)チェルノブイリ原発事故以降の世相を反映した現代美術
 各館の復興へ向けた取り組みは多様であり、今後の道のりも様々です。しかし、この度集結した作品には、困難に立ち向かっている方々の心に寄り添い、励ましと勇気とを与えてくれる力が満ちあふれています。それはまさしく「美術の力」というべきものだといってよいでしょう。

 この展覧会が東京で開催されることによって、被災地域の美術館の現状を多くの方々に共有してもらう機会となるとともに、各館には復興を支えて行くであろう素晴らしい作品が所蔵されていることを知っていただける好機ともなるでしょう。
(東京藝術大学大学美術館HPより)
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/current_exhibitions_ja.htm

07/27/2011