森と芸術-美術と博物が語る森のひみつ-…福井県立美術館

2011年7月29日(金)~8月28日(日)
森の神話・伝説を描いた絵画や植物文様をもつアール・ヌーヴォーのガラス器、風景画や絵本など、森にまつわる作品を展示。

会期:2011年7月29日(金)~8月28日(日)※会期中無休
時間:9:00〜17:00(金〜20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:福井県立美術館
http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html#kotuannai
観覧料:
一般800円
大高生500円
中小生300円
身体障害者手帳等所持者とその介護者1名は半額

■福井県立美術館
http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html

内容:
はるかな昔、人は森に住み、その恵みを糧に暮らしていました。文明を築くようになってからも、人間は森に「楽園」の思い出を重ね、ノスタルジアを抱き続けてきました。本展は、森に関するさまざまな領域の絵画・写真・工芸・絵本といった美術作品だけでなく、恐竜時代までさかのぼり、化石等の博物標本で構成する展覧会です。
(福井県立美術館HPより)
http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/h23_yotei.html#mori

07/28/2011