杉本博司 アートの起源|宗教…丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

2011年8月28日(日)〜11月6日(日)
1年間にわたって開催される4つの杉本博司展の最終章。

会期:2011年8月28日(日)〜11月6日(日)※会期中無休
時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://mimoca.org/ja/information/access/
観覧料:
一般950円
大学生650円
高校生以下または18歳未満、丸亀市内に在住の65歳以上、各種障害者手帳をお持ちの方は無料

■丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://mimoca.org/index.php

内容:
2010年11月より「科学」「建築」「歴史」と続いてきた画期的なプロジェクト「杉本博司 アートの起源」がついに最終回を迎えます。“今、読めない先を見るためには、振り返らなければならない時がきたのだ。”と語る杉本が、アートの起源へと遡り、さらに人間の意識の起源を辿るべく、最後に選んだテーマは「宗教」です。
本展では、古来より変わらぬ姿を保ち続けているであろう「海」をとらえた《海景》が、平安時代に制作された十一面観音立像や14世紀のキリスト胸像とともに展示され、三十三間堂の千体千手観音立像を建立時と同じ光の状態で撮影した《仏の海》は、初めて大判プリントを用いた展示が試みられます。また、仏教の世界観・宇宙観を示す五輪塔を光学硝子で成型し、その内部に《海景》を封印した新作《海景五輪塔》も公開されます。
このように本展は、新たな展示方法による写真作品や初公開となるインスタレーションを中心に構成されます。杉本芸術の真髄を存分にご堪能いただけると同時に、アートと宗教がいかに結びついてきたのかを考え、その始原に思いを巡らせていただけることでしょう。
(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館HPより)
http://www.mimoca.org/ja/exhibitions/2011/08/28/110/

関連記事:
■杉本博司 アートの起源|科学…丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://infolib.kobe-du.ac.jp/2010/11/10/42903/
■杉本博司 アートの起源|建築…丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://infolib.kobe-du.ac.jp/2011/02/15/44594/
■杉本博司 アートの起源|歴史…丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://infolib.kobe-du.ac.jp/2011/05/10/48045/

08/09/2011