レオ・ルビンファイン 傷ついた街…東京国立近代美術館

2011年8月12日(金)~10月23日(日)
テロ事件が起きた世界各地の都市で、ストリートスナップの手法によって撮影された「傷ついた街」。未発表の作品を含む35点により開催。

会期:2011年8月12日(金)~10月23日(日)
休館日:月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
時間:10:00〜17:00(金〜20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:東京国立近代美術館 ギャラリー4
http://www.momat.go.jp/Honkan/map.html
観覧料:
一般420円
大学生130円
高校生以下および18歳未満無料
65歳以上無料
障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料

■東京国立近代美術館
http://www.momat.go.jp/index.html

内容:
2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件は、新しい世紀を迎えた世界に深い影を投げかけるものでした。その数日前に、世界貿易センタービルからわずか2ブロックしか離れていない新居に引っ越したばかりだった写真家レオ・ルビンファイン(1953年生まれ)は、この未曾有の事件を間近で体験しました。

渦中へとまきこまれたニューヨークでの一連の事態そのものにはカメラを向けることのなかった彼が、写真家として、この出来事と向かい合いながらとりくんだのは、世界各地の都市で、街を行きかう人びとの顔を撮ることでした。この事件がもたらした本質的なもの、つまり、物理的な破壊行為を通じて、社会に心理的打撃を与えることを目的とするテロリズムが、人びとの内面に残した「心理的な傷」を見つめるためです。

2002年から6年にわたって、ニューヨークをはじめ、ロンドン、マドリッド、モスクワ、イスタンブール、東京など、近年テロ事件の起きた世界各地の都市を訪ね、ストリートスナップの手法で撮影された写真は、2008年、写真家自身による長文の内省的なテキストとともに、『傷ついた街』(Wounded Cities, Steidl刊)と題される写真集へとまとめられました。

今回の展覧会は、アメリカ各地や中国などで、かたちを変えながら開催されてきた「傷ついた街」展を日本では初めて、未発表の作品を含む35点による新しい構成で開催するものです。同時多発テロからちょうど10年という節目の年に、世界は新たな事態を経験してもいます。世界各地の街角で撮影された人びとの表情に浮かび上がる心理的な陰影に、同時代を生きる私たちへのメッセージを探ります。
(東京国立近代美術館HPより)
http://www.momat.go.jp/Honkan/leo_rubinfien/index.html

08/10/2011