横山裕一展 きみはネオ漫画を見たか…三菱地所アルティアム

2011年9月10日(土)〜10月2日(日)
宮崎出身の漫画家・横山裕一。漫画として出版される前の原画やドローイング、初公開のアイデアデッサンなど数百点により、横山の創作の秘密に迫る。

会期:2011年9月10日(土)〜10月2日(日)※会期中無休
時間:10:00〜20:00
会場:三菱地所アルティアム
http://artium.jp/info/
入場料:
一般400円
学生300円
高校生以下無料

■三菱地所アルティアム
http://artium.jp/

内容:
九州出身の漫画家・横山裕一は、未来的な景観、スタイリッシュな人物、大胆なオノマトペ、疾走感溢れる展開の「ネオ漫画」によって、アート・デザイン・サブカルチャーなどジャンルを問わず国内外で爆発的な人気を誇っています。また、森美術館・六本木クロッシング2007、川崎市市民ミュージアムでの個展をはじめ、欧米やアジア各国の展覧会に招聘されるなど、漫画や現代美術というジャンルを飛び越えて横山の表現を捉える動きも活発です。

ゴゴゴゴゴゴ……ザザザザザザ……など擬音語が飛び交う『ニュー土木』、鉄道旅行が大スペクタクルとして描かれる『トラベル』、大規模な仕掛けや謎のオブジェが次々と現れる異界の庭園『NIWA』……その独特な横山ワールドには引き込まれずにはいられません。また、これまでの直線的でスタイリッシュな表現から離れ、ベビーのかわいさを追求した『ベビーブーム』では、マンガという表現形態の奥深さや色彩の妙を感じさせます。

漫画の完成形は、出版物として手に入れるもの。それまでの過程は全て薄い紙の中へと圧縮され、姿を消しています。本展では、横山の描く時間と空間が織り成す「ネオ漫画」の世界観をお楽しみ頂き、漫画として出版される前の原画、さらにその前の段階であるドローイングやペインティング、初公開となるアイデアデッサンなど数百点を通して、これまでに見ることのなかった横山の創作の秘密に迫ります。
(三菱地所アルティアムHPより)
http://artium.jp/exhi/

08/17/2011