メタボリズムの未来都市展 戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン…森美術館

2011年9月17日(土)〜2012年1月15日(日)
1960年代の日本に起こった建築運動「メタボリズム」を総括する展覧会。

会期:2011年9月17日(土)〜2012年1月15日(日)※会期中無休
時間:10:00〜22:00(火〜17:00、9月25日(日)は17時まで、1月3日(火)は22時まで、入館は閉館30分前まで)
会場:森美術館
http://www.mori.art.museum/jp/info/access.html
入館料:
一般1500円
学生(高校・大学生)1000円
子供(4歳-中学生)500円

■森美術館
http://www.mori.art.museum/jp/index.html

内容:
1960年代の日本に、未来の都市像を夢見て新しい思想を生み出した建築家たちがいました。丹下健三に強い影響を受けた、黒川紀章、菊竹清訓、槇文彦といった建築家たちを中心に展開されたその建築運動の名称は「メタボリズム」。生物学用語で「新陳代謝」を意味します。それは、環境にすばやく適応する生き物のように次々と姿を変えながら増殖していく建築や都市のイメージでした。東京湾を横断して伸びていく海上都市、高く延びるビル群を車が走る空中回廊でつないだ都市など、その発想の壮大さには驚かされます。

メタボリズムが提唱されたのは、戦争で荒廃した日本が復興し高度経済成長期へと移行した時代です。そこには理想の都市を通じて、よりよいコミュニティをつくろうという思いもありました。この展覧会は世界で初めて、メタボリズムを総括する展覧会になります。日本が大きな転換点に直面している今だからこそ知りたい、建築や都市のヒントが詰まっています。
(森美術館HPより)
http://www.mori.art.museum/contents/metabolism/about/index.html

08/19/2011