加藤久仁生展…十和田市現代美術館

2011年9月10日(土)~2012年1月9日(月・祝)
『つみきのいえ』のイラストを手がけた加藤久仁生の作品世界を紹介。

会期:2011年9月10日(土)~2012年1月9日(月・祝)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、12月26日~1月1日
時間:9:00〜17:00(入場は閉館30分前まで)
会場:十和田市現代美術館
http://www.city.towada.lg.jp/artstowada/access/index.html
入場料:
一般900円
高校生以下無料

■十和田市現代美術館
http://www.city.towada.lg.jp/artstowada/index.html

内容:
アカデミー賞短編アニメーション賞受賞「つみきのいえ」。受賞後第1作、いよいよ発表。

このたび十和田市現代美術館では、2009年に「つみきのいえ」で、米国アカデミー賞短編アニメーション賞を獲得した加藤久仁生の作品世界を紹介します。

加藤久仁生は大学在学中から自主制作で頭角を現し、描写力と世界観は大きな注目を集めてきました。約1年間を費やした「つみきのいえ」では、静けさの漂う映像に心温まるストーリーが展開され、世界各地で大きな喝采を浴びました。本展の第1部では、「つみきのいえ」が生まれたきっかけのスケッチや絵コンテ、さらには同名のベストセラー絵本の原画を展示。制作の過程をたどり、完成作の余白にあふれる魅力を体感します。

第2部は、「つみきのいえ」以降温めてきたイメージを紹介します。展覧会のために制作した新作短編アニメーション「情景」を披露し、現在雑誌「MOE」(白泉社)で連載中の「あとがき」の原画も展示します。さらには、9月から12月にかけて展示室内の壁面に絵を描く、意欲的な試みも予定されています。展示空間は、デザイナーの小泉誠氏が構成。加藤久仁生の静かで温かな表現に触れる、またとない機会です。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
(十和田市現代美術館HPより)
http://www.city.towada.lg.jp/artstowada/exhibition/index.html#katoukunio

08/24/2011