ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション…京都市美術館

2011年9月13日(火)〜11月27日(日)
ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵の印象派とポスト印象派の作品の中から、日本初公開の約50点を含む全83点を展覧。

会期:2011年9月13日(火)〜11月27日(日)
休館日:月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)
時間:9:00〜17:00(入場は閉館30分前まで)
会場:京都市美術館
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/information/access.html
観覧料:
大人1500円
高大生1000円
小中生500円
障害者手帳等提示の方は無料

■京都市美術館
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/index.html

内容:
ワシントン・ナショナル・ギャラリーはアメリカの首都にあり、すべての所蔵品は一般市民の国への寄贈からなる。開館70年を機に行われる大規模改修によって、同館が誇る印象派とポスト印象派の傑作が一堂に会する展覧会が実現する。クールベやコローを導入部とし、印象派の先駆者といわれるマネ、そしてモネ、ルノワール、ドガら印象派世代を経て、セザンヌやゴッホなどポスト印象派にいたる83点で構成。
(京都市美術館HPより)
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/exhibition/washington_2011.html

08/25/2011