ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展…川崎市市民ミュージアム

2011年9月17日(土)~11月6日(日)
平面作品200点・立体作品200点余りを一挙に紹介し、福田繁雄の全貌に迫る過去最大の回顧展。

会期:2011年9月17日(土)~11月6日(日)
休館日:月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)、11月4日(金)
時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:川崎市市民ミュージアム企画展示室1
http://www.kawasaki-museum.jp/guide/annai/access.html
観覧料:
一般600円
学生・65歳以上400円
高校生200円
中学生以下無料

■川崎市市民ミュージアム
http://www.kawasaki-museum.jp/

内容:
日本を代表するグラフィックデザイナー・福田繁雄(1932-2009)。彼の見たこともないようなアイデアや視覚のトリックは、新しいユーモアの感覚を喚起させるもので、今なお新鮮な驚きを私たちに与えてくれます。今回の展覧会は、1950年代から2000年代に至るまでの半世紀余りにわたる福田繁雄の平面作品200点・立体作品200点余りを一挙に紹介し、全貌を振り返る初めての大規模な回顧展となります。
(川崎市市民ミュージアムHPより)
http://www.kawasaki-museum.jp/display/exhibition/exhibition_de.php?id=194

09/06/2011