描かれた不思議 トリック&ユーモア展 エッシャー、マグリット、国芳から現代まで…横須賀美術館

2011年9月10日(土)~11月6日(日)
江戸時代に描かれたあそび絵やM.C.エッシャーの版画、シュルレアリストたちが描いた不可思議な絵画など約80点の作品を紹介。

会期:2011年9月10日(土)~11月6日(日)
休館日:10月3日(月)
時間:10:00〜18:00
会場:横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/outline/index.html
観覧料:
一般900円
高大生・65歳以上700円
中学生以下無料
市内在住在学の高校生は無料

■横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/index.html

内容:
美術作品の中には、人を「あっ」と言わせたり、「はっ」とさせるべく作られたものがあります。それは、「おもしろいものを作ろう」という笑いのセンス、あるいは「美術とは何か」「視覚とは何か」という問いかけの中から生まれ、見る人の目をまどわすような仕掛けが取り入れられました。
 本展では、江戸時代に描かれたあそび絵、永遠に続く迷宮を思わせるM.C.エッシャーの版画、シュルレアリストたちが描いた不可思議な世界、幅広い展開を見せる現代美術の作例など、国内外を問わず約80点の作品をご紹介いたします。作品を見て笑い、だまされ、その仕掛けに驚いた時、私たちはそれまで抱いていた思い込みに気づき、ものの見方や考え方を新たにすることとなるでしょう。
 笑いや驚き、不思議、発見に満ちた作品と、作家の豊かな独創性を是非会場でお楽しみください。
(横須賀美術館HPより)
http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/944.html

09/06/2011