「織」を極める 人間国宝 北村武資展…京都国立近代美術館

2011年9月16日(金)~10月30日(日)
今年制作60年を迎える人間国宝・北村武資による多彩な織の芸術を紹介。

会期:2011年9月16日(金)~10月30日(日)
休館日:月曜日(ただし9月19日、10月10日)、9月20日(火)、10月11日(火)
時間:9:30~17:00(10月27日~30日は20時まで開館、入館は閉館30分前まで)
会場:京都国立近代美術館
http://www.momak.go.jp/Japanese/access.html
観覧料:
一般850円
大学生450円
高校生以下無料
障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)は無料

■京都国立近代美術館
http://www.momak.go.jp/

内容:
北村武資は、1935年京都に生まれ、中学校を卒業後、京都西陣で製織業に入ります。その後、五年間勤めた機屋を退職し、以後西陣を回りながら技術の習得に励みます。1959年大阪髙島屋で開催された初代龍村平蔵展を見て感銘を受け、同日龍村美術織物株式会社に入社、その後、独り立ちへの歩みをはじめました。1963年には京都の友禅作家森口華弘の主宰する染織研究会に参加するようになり、1965年伝統工芸日本染織展に初出品し、日本工芸会会長賞を受賞。また同年日本伝統工芸展に初出品、初入選を果たし頭角を表しました。
 1972年に開催された長沙馬王堆漢墓(ちょうさまおうたいかんぼ)写真速報展で、中国で発掘された古代織の「羅(ら)」の写真を見て強い興味をいだき、以後非常に繊細な織による「羅」に挑戦し数々の優品を日本伝統工芸展に出品しました。
 また平金糸によって透けて輝く「羅金」、「羅」と同じ紋織りで密度の高いしっかりとした「経錦(たてにしき)」など、古代織を再現しました。1995年には「羅」が、2000年には「経錦」が重要無形文化財に指定され、北村武資は二つの技の保持者として現在も活躍しています。
 今年制作60年を迎える北村武資は、古代織の再現に留まらず、現代に生きる織として新しい世界に挑戦を続けています。織は極めて時間のかかる作業ですが、その厳しい制作態度は織の美をめざす織人の足跡でもあります。本展は、新しい世界に挑戦し続ける北村武資の制作を展観し、その多彩な織の芸術を紹介します。
(京都国立近代美術館HPより)
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2011/388.html

09/06/2011