視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション…DIC川村記念美術館

2011年9月17日(土)〜12月11日(日)
多数の貴重な未公開作品を含む遺族所蔵品を中心に、絵画、キネティック彫刻、カメラを使わない写真技法「フォトグラム」作品など、国内外の美術館から集められた約270点の作品・資料によってモホイ=ナジの仕事を展望。

会期:2011年9月17日(土)〜12月11日(日)
時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日 (ただし9月19日と10月10日は開館)、10月11日(火)
会場:DIC川村記念美術館
http://kawamura-museum.dic.co.jp/access/index.html
入館料:
一般1200円
学生・65歳以上1000円
小中学生・高校生500円
障がい者手帳をお持ちの方に割引有り

■DIC川村記念美術館
http://kawamura-museum.dic.co.jp/index.html

内容:
レオナルド・ダ・ヴィンチにも匹敵する多彩な仕事を展開し、20世紀美術に新しいヴィジョンをもたらした芸術家。それが、モホイ=ナジ・ラースローです。

モホイ=ナジは、社会主義革命や世界大戦が勃発する不安定な情勢下、母国ハンガリーからオーストリア、ドイツ、オランダ、イギリス、アメリカへと移り住みながら、「アートとテクノロジーの融合」を目指して実験を繰り返し、新たな芸術価値の創造に挑み続けました。

彼が手がけた仕事は、絵画、写真、彫刻、グラフィック・デザイン、舞台美術、映画と多岐にわたりますが、それらはいずれも、彼の革新的なアイデアが生み出した「光と運動による造形」でした。  こうしたマルチ・アーティストとしての活躍のみならず、ドイツの総合芸術学校「バウハウス」で教鞭をとり、後にシカゴに設立された「ニュー・バウハウス」の校長を務めたモホイ=ナジは、教育者としても名を馳せ、その芸術理念や教育哲学は広く後世に伝えられています。

本展は、多数の貴重な初公開作品を含む遺族のコレクションを中心に、ハンガリー時代の素描や構成主義作品、代表作となるキネティック彫刻《ライト・スペース・モデュレータ》、カメラを使わない写真「フォトグラム」、アメリカ時代のカラフルな絵画など、国内外から集められた約270点によってモホイ=ナジの全貌を明らかにする、日本で最初の本格的な回顧展です。
(DIC川村記念美術館HPより)
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/next.html

09/08/2011