小川待子 ー 生まれたての<うつわ> …豊田市美術館

2011年9月17日(土)~ 12月25日(日)
陶芸家・小川待子の代表的な作品と新作を紹介。

会期:2011年9月17日(土)~ 12月25日(日)
休館日:月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)
時間:10:00〜17:30(10月8日〜10日〜20:00、入場は閉館30分まで)
会場:豊田市美術館展示室1.2.3.4.5室
http://www.museum.toyota.aichi.jp/information/accessmap.php
観覧料:
一般1000円
高校・大学生800円
小・中学生無料
市内高校生、障がい者及び市内75歳以上無料

■豊田市美術館
http://www.museum.toyota.aichi.jp/home.php

内容:
詩がかたちを持つとしたら、このようなすがたをしているのではないか。
小川待子の<うつわ>とは、これまでも様々な人々に豊かな想像力を喚起させてきました。
小川待子は1946年、札幌に生まれ、東京芸術大学工芸科を卒業後、パリでの留学時に鉱物の美しさに衝撃を受け「かたちはすでに在る」という、素材から立ち上げる原型的な考えに結びつきます。そしてその後の西アフリカでの制作の経験は、他の日本の作家とは異なる独自のスタンスでの陶芸制作にとって決定的なものとなりました。
人が何かをすくい取り、水などをたたえておくもの、そして大地から生成し大地に帰ってゆく存在。その<うつわ>は収縮と拡散のぎりぎりの均衡のなかで、あえて亀裂を見せながらも、その内部に透明な釉薬を輝かせています。その中に包まれ、隠し、たたえる場は、華美で洗練されたこの国の「伝統的な」工芸を超えて、造型としての原型体をわれわれに示しています。
その造型とは、人の作るものの原始的な創生を想起させるとともに、永遠の詩的存在としても見ることが出来ます。
小川はこれまでも草月美術館(`91)、神奈川県立近代美術館(`02)等でも展観してきた作家ですが、本展覧会は、このような小川のこれまでの代表的な作品と新作によって、その特筆すべき作品を見つめるとともに、作家の画期となるような展観の試みの場にしようとするものです。
なお、新作の展示には基本的にケースは使用せず、低い台上や砂の上での展示となる予定。また関連企画として、様々な表現者と語る場を作る予定。
(豊田市美術館HPより)
http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2011/special/machikoogawa.html

09/09/2011