細川家の至宝―珠玉の永青文庫コレクション―…京都国立博物館

2011年10月8日(土)~11月23日(水・祝)
細川家伝来の品および第16代当主細川護立のコレクションを中心に。

会期:2011年10月8日(土)~11月23日(水・祝)
休館日: 月曜日(ただし10月10日は開館)、10月11日(火)
時間:9:30~18:00(金〜20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/riyou/index02.html
観覧料:
一般1400円
大学・高校生900円
中学・小学生500円
障がい者とその介護者1人は無料

■京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html

内容:
 京都国立博物館にて、平成23年(2011)10月8日(土)から11月23日(水・祝)まで、特別展覧会『細川家の至宝‐珠玉の永青文庫コレクション‐』を開催いたします。

 東京・目白に位置する永青文庫は、旧熊本藩主であった細川家が所蔵する宝物を永く護り伝えていくために、昭和25年(1950)、第16代当主の護立(もりたつ)によって設立されました。

 その所蔵品は、遠祖である細川頼有ゆかりの品や、歌人としても著名な初代藤孝(ふじたか)(幽斎[ゆうさい])、千利休の高弟のひとりでもあった2代忠興(ただおき)(三斎[さんさい])をはじめとする、細川家に代々伝来してきた武器・武具、文書、絵画、工芸品などにくわえ、護立によって収集された刀剣、中国美術、近代の絵画など、バラエティに富んでいます。その総数は8万点を超え、ひとつの家に伝来したものとしては日本有数のコレクションです。

 細川家は京都とのゆかりが深く、初代藤孝が織田信長のもとで頭角をあらわし、同家繁栄の基礎を築いたのが、長岡京市の勝龍寺城(青龍寺城)を居城としていた時期です。また、菩提寺も京都・建仁寺の塔頭永源庵(現在の正伝永源院)でした。永青文庫の名は、両者から最初の一文字をとったものです。その所蔵品を一堂に会する展覧会が京都の地で開かれるということは、きわめて意義深いことといえるでしょう。

 展覧会は、前半が細川家に伝来した作品、後半が護立のコレクションを中心に構成されています。歴史を見抜いた確かな目が選んだ名品から、さらに厳選された至宝の数々を、この機会にぜひともお楽しみください。
(京都国立博物館HPより)
http://hosokawa2011.exh.jp/highlight.html

09/14/2011