畠山直哉展 Natural Stories ナチュラル・ストーリーズ…東京都写真美術館

2011年10月1日(土) ~ 12月4日(日)
写真家・畠山直哉の近作を中心に、日本では未発表のシリーズや新作も紹介。

会 期: 2011年10月1日(土) ~ 12月4日(日)
休館日:月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
時 間:10:00〜18:00(木・金〜20:00まで、入館は閉館30分前まで)
会 場:東京都写真美術館
http://www.syabi.com/contents/navigation/index.html
観覧料:
一般700円
学生600円
中高生・65歳以上500円
小学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
第3水曜日は65歳以上無料

■東京都写真美術館
http://www.syabi.com/

内容:
日本を代表する写真家の一人として、海外にも広く紹介されている畠山直哉の個展を首都圏の美術館では初めて開催いたします。本展は近年に制作された作品を中心に、日本では未発表のシリーズ、新作も紹介いたします。

今まで畠山の作品には、石灰岩や石炭といった鉱物資源に関わる工場や採掘現場、その跡地などを捉えたシリーズがあります。それらの光景は、普段あまり人が行かないような、見ることのない風景ですが、自然と人間の生活との関わりの接点や、その場と人間との時間のやりとりを感じさせる独特の描写がされています。それらの作品には壮大で、時には畏怖を感じさせる光景が写されています。

この3月11日に畠山は生まれ育った陸前高田市の、彼の記憶の中にあったであろう風景を失いました。本誌の表紙の作品は、その後に始められた陸前高田市の風景を捉えた作品です。ホテルのエレベータの扉に挟み込まれた松の葉や枝は津波によるものです。人間の抗うことのできない自然の力を見せつけられます。

今回は「Natural Stories ナチュラル・ストーリーズ」と題して、初期の作品から現在に至るまでの作品の中から、自然と人間との関わりを改めて俯瞰するような作品を主に構成します。これらの作品からは、美しく素晴らしい自然の魅力を感じるだけではなく、時には不条理で厳 しい光景を見ることができます。長い年月をかけて自然と人間がどのように共存し、対峙してきたかを改めて考えるきっかけになるでしょう。
(東京都写真美術館HPより)
http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1386.html

09/20/2011