中之島コレクションズ 大阪市立近代美術館&国立国際美術館…国立国際美術館

2011年10月4日(火)〜12月11日(日)
国立国際美術館と大阪市立近代美術館(準備中)。中之島の二館の収蔵作品のハイライトを紹介。

会期:2011年10月4日(火)〜12月11日(日)
休館日:月曜日 (ただし10月10日は開館)、10月11日(火)
時間:10:00~17:00(金〜19:00、入館は閉館30分前まで)
会場:国立国際美術館
http://www.nmao.go.jp/info/access.html
観覧料:
一般420円
大学生130円
高校生以下ならびに18歳未満無料
65歳以上無料
心身に障害のある方とその付添者1名無料
※アンリ・サラ展も鑑賞可能
※無料観覧日:10月8日(土)、11月5日(土)、11月20日(日)、12月3日(土)

■国立国際美術館
http://www.nmao.go.jp/index.html

内容:
大阪市は国立国際美術館がある中之島4丁目地区に、平成29年度の開館をめざして近代美術館の整備を進めています。将来、ふたつの美術館が隣り合って活動すれば、相互に協力して多彩なアートイベントを行ったり、展覧会を一緒に開催することも可能となるでしょう。本展では、そんな未来を一部先取りしてご覧いただきます。
「中之島コレクションズ」でご紹介するのは、2館のコレクションの、まさにハイライトとも言うべき作品群です。ピカソ、モディリアーニ、デュシャン、マグリットなど20世紀を代表する作家をはじめ、ステラ、ウォーホルなどアメリカの戦後美術、そしてマルレーネ・デュマスや奈良美智など国立国際美術館が積極的に収集している現代絵画、さらに大阪市立近代美術館のコレクションの目玉である佐伯祐三など選りすぐりの作品が一堂に会します。
 会期初日の10月4日(火)には、近代美術館整備に向けたシンポジウム「中之島から大阪が変わる―アートによるひとづくり、まちづくり―」を開催します。また、10月29日(土)、12月4日(日)には学芸員によるギャラリートークを行う予定です。
 一昨年開催された「水都大阪2009」以来、中之島は水都・大阪のシンボルエリアとしてますます注目されています。大阪市中央公会堂や大阪府立中之島図書館など歴史ある建築物をはじめ、世界に誇るコレクションを有する大阪市立東洋陶磁美術館など多数の文化施設が集積するほか、近年ではオフィスタワー等の建設も進むなど、目覚ましい発展を遂げています。芸術の秋、中之島の散策がてら国立国際美術館にお立ち寄りいただき、 “都心で文化の薫り高いひとときを楽しめる展覧会” ―― 『中之島コレクションズ 大阪市立近代美術館&国立国際美術館』をどうぞご鑑賞ください。
(国立国際美術館HPより)
http://www.nmao.go.jp/exhibition/exhibition_b2_2.html

09/20/2011