アンリ・サラ…国立国際美術館

2011年10月4日(火)〜12月11日(日)
サウンドと建築をテーマにした近年の映像作品《ザ・クラッシュ》と《アンサー・ミー》を中心に、オブジェと写真作品群を展覧。

会期:2011年10月4日(火)〜12月11日(日)
休館日:月曜日(ただし10月10日は開館)、10月11日(火)
時間:10:00~17:00(金〜19:00、入館は閉館30分前まで)
会場:国立国際美術館
http://www.nmao.go.jp/info/access.html
観覧料:
一般420円
大学生130円
高校生以下ならびに18歳未満無料
65歳以上無料
心身に障害のある方とその付添者1名無料
※「中之島コレクションズ 大阪市立近代美術館&国立国際美術館」も観覧可能
無料観覧日:10月8日(土)、11月5日(土)、11月20日(日)、12月3日(土)

■国立国際美術館
http://www.nmao.go.jp/index.html

内容:
1974年、アルバニアのティラナに生まれ、現在はベルリンを拠点に制作しているアンリ・サラは、活動の範囲を世界に広げ、映画やヴィデオ、写真作品でよく知られています。これまでにもヴェネチア・ビエンナーレ、サンパウロ・ビエンナーレ、横浜トリエンナーレなどの国際展への出品や、ポンピドゥー・センター、アート・インスティテュート・シカゴをはじめ世界各国の美術館における個展の開催やグループ展への参加が続いています。
 初期の作品では、旧社会主義国家出身という出自を背景にした政治的、自伝的要素を含む映像を発表して注目を集めました。一方で彼は長年、音と空間の関係性を再構築することに強い興味を持ち続けています。それは個々の要素が確固とした存在を示しながらも、複合的な関係を保つ上で、その意味合いは多様性を持ち、可変のものになりうるという可能性を探っています。近年では特にイメージとサウンドに関心を寄せ、建築を取り巻く音やありふれた光景への注視といったテーマが作品に見受けられます。
 またサラは、ムービング・イメージとサウンドの関係性を再構築した展示空間を作り上げる作家としても高い評価を得ています。本展は、サウンドと建築をテーマにした近年の映像作品《ザ・クラッシュ》(2010年)と《アンサー・ミー》(2008年)の2点を中心に、オブジェと写真作品群により構成されます。国立国際美術館のスペースにあわせてアンリ・サラ本人が考えた展示構成は、一点一点をそれぞれに鑑賞するというよりも、オブジェ作品であるスネアドラムの音が刻まれる空間で鑑賞者が映像作品のサウンドとイメージに向き合うように仕組まれています。
本展は、日本の美術館では初のアンリ・サラの個展となります。この機会をお見逃しなきよう、是非ご覧ください。
(国立国際美術館HPより)
http://www.nmao.go.jp/exhibition/exhibition_b2.html

09/20/2011