感じる服 考える服:東京ファッションの現在形…東京オペラシティアートギャラリー

2011年10月18日(火)〜12月25日(日)
出展:アンリアレイジ、h. NAOTO、ケイスケカンダ、まとふ、ミナ ペルホネン、ミントデザインズ、サスクワァッチファブリックス、ソマルタ、シアタープロダクツ、リトゥンアフターワーズ

会期:2011年10月18日(火)〜12月25日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
時間:11:00〜19:00(金・土〜20:00、入場は閉館30分前まで)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
http://www.operacity.jp/access/index.php#traffic
入場料:
一般1000円
大学・高校生800円
中学・小学生600円
※閉館1時間前以降の入場、65歳以上は半額
※土・日および祝日は中学・小学生無料
※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料

■東京オペラシティ アートギャラリー
http://www.operacity.jp/ag/

内容:
東京のファッションシーンの流れのなかで、独自の創造性を追求し、2000年代の日本のリアリティをデザインする若手デザイナーたちを紹介します。マスメディアが作り上げる「トレンド」とは距離をおきながら、自分にとってのリアリティを追求し、素材やスタイルにこだわり、服作りにとどまらない多面的な活動を展開するなど、ファッション以外の分野とも交流する彼らの根底には、社会転換期の空気を体感し、固定観念にとらわれることなくファッションのありかたを模索する共通した姿勢が窺えます。今日、ファッションを創造性にみちた文化現象としてとらえ、今日の日本のデザイナーたちが提案するファッションデザインの新しいあり方を紹介します。
(東京オペラシティ アートギャラリーHPより)
http://www.operacity.jp/ag/exh/index_sch.php

09/22/2011