開館30周年記念展1 コレクションの歩み ― ポスターを中心に ―…京都工芸繊維大学美術工芸資料館

2011年9月20日(火)~10月28日(金)
開館30周年を記念し、約100点の代表的ポスターを展覧。あわせて、コレクション拡充の歴史も紹介。

会期:2011年9月20日(火)~10月28日(金)
休館日:日曜日・祝日(ただし10月16日は開館)、10月1日(土)
時間:10:00~17:00(入館は閉館30分まで)
会場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館2階展示室
http://www.kit.ac.jp/01/01_110000.html
入館料 :
一般200円
大学生150円
高校生以下無料

■京都工芸繊維大学美術工芸資料館
http://www.cis.kit.ac.jp/~siryokan/
■京都工芸繊維大学
http://www.kit.ac.jp/index.html

内容:
京都工芸繊維大学美術工芸資料館は今年2011年に開館30周年を迎えます。これを記念した連続展覧会の第一弾として、「コレクションの歩み -ポスターを中心に-」展を開催します。
  美術工芸資料館は、全国に二つしかない国立大学附属の美術系博物館として、コレクションの拡充と展示公開につとめてきました。とりわけ、近現代ポスターのコレクションは国内有数の規模と内容を誇っています。その始まりは1902年、京都工芸繊維大学の前身の一つである京都高等工芸学校設立の頃にまで遡ります。日本初 のデザイン教育学校として、当時最先端であったヨーロッパのデザイン実践の理解を深めるために、初代教授となった浅井忠を始めとした教授陣が、アール・ヌーヴォー期のポスターの数々をヨーロッパで収集してきたのです。それらは美術品収集という観点ではなく、あくまで図案教育のための資料として集められたものでしたが、近代ポスターの父と言われるジュール・シェレやロートレックなど、グラフィック・デザインの歴史に残る貴重なポスターも多く収蔵されることとなりまし た。
 その後も数多くの先達の尽力により、当館のポスター・コレクションは近代ヨーロッパのみならず、中東欧を含む現代のヨーロッパ、さらにはアジアや南北アメリカ大陸へと広がっていきました。もちろん、我が国のデザイン史を飾る貴重なポスターも数多く収蔵されています。現在では登録されているポスターだけでも6000点を超える大コレクションとなっています。
 本展覧会「コレクションの歩み ―ポスターを中心に―」では、約100点の代表的ポスターを辿りながら、初期コレクション形成から収集の体系化の段階、そして最新の収蔵品までのコレクション拡充の歴史をご紹介します。
(京都工芸繊維大学HPより)
http://www.kit.ac.jp/01/topics/2011/collection110914.html

09/26/2011