国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス…岡山県立美術館

2011年10月1日(土)~11月6日(日)
15世紀から20世紀に至るヨーロッパとロシアのガラス芸術の精華を190点の優品により紹介。

会期:2011年10月1日(土)~11月6日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
時間:9:00~17:00(10月1日は10時から、10月28日は19時まで、入館は閉館30分前まで)
会場:岡山県立美術館
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/info.html
観覧料:
一般1000円 
大学生及び65歳以上500円
高校生300円
小・中学生無料

■岡山県立美術館
http://www.pref.okayama.jp/

ロシア国立エルミタージュ美術館には、歴代の皇帝や貴族たちによって集められたヨーロッパ各国のガラスと女帝エカテリーナ二世以後、国家的なプロジェクトとして生み出されたロシア国産のガラス、いずれもかつての帝国の威光を現代に伝える大変質の高い優れたガラスコレクションがあります。
 本展では、繊細で華麗なヴェネツィアのレースガラスや寓話に満ちた色鮮やかな絵で飾られたボヘミアやドイツのガラス、東洋の影響を受けて美しく変貌を遂げたアール・ヌーヴォー、アール・デコのガラス、そして他地域の進んだ技術を吸収し、皇帝たちのために創られた優美なロシアガラス、初公開を多数含む約190点を紹介します。西日本では当館だけの開催です。この秋、光り輝くガラスの美をご堪能ください。
(岡山県立美術館HPより)
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/exh_glass.html

09/27/2011