ウィーン工房1903-1932─モダニズムの装飾的精神…パナソニック電工汐留ミュージアム

2011年10月8日(土)~12月20日(日)
ウィリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフツ運動を受け継いだウィーン工房の初期から解散までの約30年間の全活動を、年代を追って紹介。

会期:2011年10月8日(土)~12月20日(日)
休館日:月曜日(ただし10月10日は開館)
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:パナソニック電工汐留ミュージアム
http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/access/
入館料:
一般700円
大学・高校生500円
中・小学生300円
65歳以上500円
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料

■パナソニック電工汐留ミュージアム
http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/

内容:
ウィーン工房は1903年、ウィーン市の小さなアパート3部屋で、建築家のヨーゼフ・ホフマンとコロマン・モーザー、そして財政的な後ろ盾ともなった実業家のフリッツ・ヴェンドルファーの3名がはじめた企業です。建築から、インテリア、家具、照明や食器にいたるまでの生活芸術のあらゆる装飾を一貫したスタイルで統一する「総合芸術」を標榜し、制作から販売までを一手に引き受けました。その思想は、当時巷に流布していた粗悪な大量生産品を廃し、質の高い職人の手仕事を理想としたウィリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフツ運動を受け継ぐものです。

ウィーン工房のデザインには機能性・合理性を本領とするモダン・デザインの先駆でありながら装飾的でもある、という一見矛盾とも思われる要素が共存しています。19世紀末ウィーンで繰り広げられた退廃的かつ華麗な芸術運動と20世紀のモダン・デザインが、対立することなく繋がり、その変容の中で美しいデザインの品々が生み出されていったのです。

本展覧会は、ウィーン工房の初期から解散までの約30年間の全活動を、年代を追って作品とともに紹介するものです。近代の建築やデザインの中でもとりわけ濃密でありながら軽やかな存在感を放つウィーン工房の造形美をお楽しみください。

また、展覧会の最終章では、ウィーン工房のデザイナーで、結婚後京都に移り住んだフェリーチェ・ウエノ・リックス(上野リチ)の作品を多数ご紹介しています。リックスは、建築家である夫、上野伊三郎とともに、京都市立芸術大学や主宰したインターナショナルデザイン研究所で、教育にあたりながら、故郷ウィーンで身につけたデザインの手法を日本において普及させました。遠くウィーンの地で華麗に咲き誇ったウィーン工房のデザインは、上野夫妻の活躍で日本にも根付いているのです。
(パナソニック電工汐留ミュージアムHPより)
http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/exhibition/11/111008/index.html

09/29/2011