鉄に挑む熱き男たち 植松奎二+塚脇淳+榎忠…BBプラザ

2011年10月1日(土)~ 11月23日(水・祝日)
神戸ビエンナーレ2011連携事業、兵庫県立美術館+BBプラザ美術館 ミュージアムロード交流事業。

会期:2011年10月1日(土)~ 11月23日(水・祝日)※会期中無休
時間:9:00 ~ 19:00
会場:シマブンビル1F玄関ホール 及び BBプラザ2Fアトリウム
http://www.bbplaza.com/access.html
入場無料

■BBプラザ美術館
http://bbpmuseum.jp/index.html

内容:
このたび、神戸ビエンナーレ2011連携事業、兵庫県立美術館+BBプラザ美術館 ミュージアムロード交流事業と銘打って、美術館の展示室ではないBBプラザ2Fアトリウム及びドライエリアやシマブンビル1F玄関ホールで、鉄を素材に活躍している3人の熱き男たち(植松奎二、塚脇淳、榎忠)による展覧会を開催いたします。

自己の追求テーマである螺旋形による抽象立体造形でドイツと日本を往還しながら制作している植松奎二。近年、ロシアと日本の芸術交流にも力を注ぎながら、鉄を鍛造し、スケール感漲った立体造形を製作している塚脇淳。鉄製のスクラップをして、不思議な造形に心象風景化する榎忠。

一昨年の港で出合う芸術祭「神戸ビエンナーレ2009」にも参加した3人の鉄に挑む熱き男たちが本展でビルの内外を舞台に競演します。柔と技の植松、剛と情の塚脇、奇と実の榎。

個性溢れる3人の熱き男たちが、BBプラザとシマブンビルという現代建築の内と外にどのような空間造形をみせてくれるか、どんな交響曲を奏でてくれるのか今からその開演が待ち遠しいところです。
(BBプラザ美術館HPより)
http://bbpmuseum.jp/exhibition2.html

09/30/2011