Exhibition as media 2011『梅田哲也: 大きなことを小さくみせる』…神戸アートビレッジセンター

2011年11月12日(土)〜12月4日(日)
神戸アートビレッジセンターのギャラリー、シアター、スタジオの各空間の特性を生かした新作のインスタレーション作品を発表。

会期:2011年11月12日(土)〜12月4日(日)
休館日:火曜日
時間:12:00〜19:00(金・土〜20:00、初日は17時から、最終日〜17:00)
会場:神戸アートビレッジセンター1F/KAVC ギャラリー、1room、B1/KAVC シアター、スタジオ3 他
http://kavc.or.jp/map/index.html
入場無料(KAVCシアターのみ500円)

■展覧会HP
http://kavc.or.jp/art/eam/umeda/
■神戸アートビレッジセンター
http://kavc.or.jp/index.html

内容:
神戸アートビレッジセンターでは「Exhibition as media 2011(メディアとしての展覧会)『梅田哲也: 大きなことを小さくみせる』」を開催します。本企画はアーティストとアートセンターが企画立案から実施までを共同して行う、アートイニシアティヴ・プロジェクトです。

今回は日用品や家電を改造した装置と自然現象を組み合せ、光や音、動きを伴う空間を作り出す作品等を発表し、国内外で活躍する大阪在住のアーティスト、梅田哲也を迎えます。梅田哲也は昨今国内外の美術館での展示や国際展などに精力的に参加するなど、その活動が注目される若手アーティストです。

また、展覧会のほか、その場の状況を生かした即興性溢れるライブパフォーマンスを手がけ、国内のみならずアジアやヨーロッパ各地の音楽フェスティバルに数多く参加しています。

本展では当センターのギャラリー、シアター、スタジオの各空間の特性を生かした新作のインスタレーション作品を発表し、また、会期中には作家ゆかりのアーティストをゲストに招いたトークやライヴイベントを実施します。当センターの空間を縦横無尽に使用した実験的な作品やイベントを通して、多くの観客に梅田の作品世界をご体感いただく機会となれば幸いです。
(神戸アートビレッジセンターHPより)
http://kavc.or.jp/art/eam/umeda/

10/14/2011