川西英コレクション収蔵記念展 夢二とともに…京都国立近代美術館

2011年11月11日(金)~ 12月25日(日)
竹久夢二の未公開肉筆画に加え、多数の夢二作品が含まれた「川西英コレクション」を紹介。

会期:2011年11月11日(金)~ 12月25日(日)
休館日:月曜日
時間:9:30~17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:京都国立近代美術館
http://www.momak.go.jp/Japanese/access.html
観覧料:
一般1200円
大学生800円
高校生400円
中学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)無料

■京都国立近代美術館
http://www.momak.go.jp/

内容:
このたびの展覧会のタイトルは「夢二とともに」。これまでまったく未公開だった竹久夢二の肉筆画の紹介に加え、多数の夢二作品が含まれたこの幻の<川西英コレクション>をとおして、”新たな夢二像”を探ります。
 京都国立近代美術館は、2006年度より、神戸で活躍した版画家・川西英が集め続けた作品・資料の収集を進めてきました。この知られざる1000余点から成り立つ本コレクションの中で、最も注目すべきは、初公開となる作品が含まれる竹久夢二の肉筆画6点をはじめ、《セノオ楽譜》の表紙絵、《どんたく絵本》といったほぼすべての装丁本など、コレクションの三分の一が竹久夢二の作品・資料であることです。
 川西英は創作版画家として、とりわけ活動の地・神戸では、サーカスや港・神戸の風景など鮮やかな色彩と明快なかたちで多くの人々に親しまれています。また川西英の交友は広く、同時代の版画家や画家たちと互いに作品を交換しては、ともに新たな創造世界を育みました。
 川西英が生涯大切に守ってきた本コレクションには、川西英の水彩や素描の作品をはじめ、交流のあった創作版画家たちの代表作、そして富本憲吉やバーナード・リーチら工芸作家の版画、さらに後にわが国の「前衛」表現をリードする美術家たちの貴重な作品が含まれていたのにも驚きでしょう。
 本展覧会は、2011年10月、京都国立近代美術館が<川西英コレクション>のすべてを収蔵することを記念し開催するもので、その全貌を紹介する初めての機会となります。コレクションが川西英という版画家と夢二との交流のなかに育まれていた事実を主軸に、夢二をクローズアップするとともに、これまで枚挙にいとまがないほど開かれてきた「竹久夢二展」でも、ほとんど出品されなかった油彩画や肉筆画などを他のコレクションや所蔵館より加えながら、”新たな夢二像”に迫ります。また、幅広い作品を蔵する<川西英コレクション>の魅力も紹介し、下記の四章によって展覧会を構成いたします。
(京都国立近代美術館HPより)
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2011/389.html

10/18/2011