レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想…静岡市美術館

2011年11月3日(木・祝)〜12月25日(日)
日本初公開となるレオナルドの作品や、弟子による共作、レオナルド派と呼ばれる画家たちの作品、書籍や資料など約80点を展示。

会期:2011年11月3日(木・祝)〜12月25日(日)
休館日:月曜日
時間:10:00〜19:00(入場は閉館30分前まで)
会場:静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/museum_guide/index.php
観覧料:
一般1400円
大高生・70歳以上900円
中学生以下無料

■静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/index.php

内容:
《モナ・リザ》や《最後の晩餐》など世界の宝と言われる名画を残したレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)。彼はイタリアのヴィンチ村に生まれ、フィレンツェで修行時代を過ごし、ミラノで絶頂期を迎えました。その後、さまざまな都市を転々とし、最後はフランス国王フランソワ1世に招かれ、アンボワーズ郊外で67年の生涯を閉じました。膨大な手稿を残す一方、現存する絵画はわずか十数点と限られています。しかし、その「美の世界」は彼の生きたルネサンス期の芸術家はもとより、現代にいたるまで多くの芸術家たちに多大な影響を及ぼしてきました。
静岡市美術館では開館1周年を記念して、レオナルド研究の世界的権威であるカルロ・ペドレッティ氏の名誉監修、レオナルド研究の第一人者であるアレッサンドロ・ヴェッツォージ氏の監修、そして木島俊介氏を日本側監修に迎え、レオナルドの創造した「美の理想」に迫ります。 世界各地から集めた日本初公開となるレオナルドの作品や、レオナルドと弟子による共作、弟子やレオナルド派と呼ばれる画家たちの作品、レオナルドと同時代の画家たちの作品、書籍や資料など約80点を展示し、「万能の天才」の美の系譜を紹介します。
(静岡市美術館HPより)
http://www.shizubi.jp/exhibition/future_111103.php

10/20/2011