駒井哲郎 1920 – 1976 版にみる夢と現実…伊丹市立美術館

2011年10月29日(土)〜12月18日(日)
戦後日本の銅版画のパイオニア駒井哲郎。資生堂名誉会長の福原義春氏が蒐集した約500点におよぶ大コレクションを紹介。

会期:2011年10月29日(土)〜12月18日(日)
第1部:若き日のエッチャーの夢 1935-1960 10月29日(土)〜11月20日(日)
第2部:夢をいざなう版の迷宮 1961-1976 11月23日(水・祝)〜12月18日(日)

休館日:月曜日、11月22日(火)
時間:10:00〜18:00(入館は閉館3分前まで)
会場:伊丹市立美術館
http://www.artmuseum-itami.jp/access.html
観覧料:
一般700円
大高350円
中小100円

■伊丹市立美術館
http://www.artmuseum-itami.jp/index.html

内容:
戦後日本の銅版画のパイオニアとして、銅版画の表現の可能性を切り開き、銅版画という芸術ジャンルを定着させた駒井哲郎(1920-76)。 2010年に生誕 90 年を迎えたのを祝し、駒井作品の熱心なコレクターである福原義春氏 (資生堂・名誉会長)の約500点という膨大なコレクションを中心に、銅版画、カラーモノタイプ、ブックワーク、水彩・素描、原版などを前期・後期の2会期に分けて展示。
(伊丹市立美術館HPより)
http://www.artmuseum-itami.jp/schedule/tenran.html

10/24/2011