京都国立博物館名品展 京都千年の美の系譜−祈りと風景−…静岡県立美術館

2011年10月22日(土)〜12月4日(日)
国宝6件、重要文化財22件を含む日本・東洋美術の至宝を展観。

会期:2011年10月22日(土)〜12月4日(日)
休館日:月曜日
時間:10:00〜17:30(入場は閉館30分前まで)
会場:静岡県立美術館
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/access/
観覧料:
一般1100円
高・大学・70歳以上500円
中学生以下無料
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付受けている方と付添者1名は無料

■静岡県立美術館 
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/

内容:
京都国立博物館は、明治30年(1897)の開館以来、古代から近世にいたる古美術の国内随一の専門館として活動を続けています。そのコレクションは日本の文化芸術の歴史を体現する綺羅星のごとき作品群で形成され、これらなくして日本美術を語ることは出来ません。京都国立博物館所蔵品に触れることは、日本美術の歴史そのものを体感することなのです。この充実したコレクションをまとめて拝借する得がたい機会に恵まれ、ここ静岡で展覧会を開催する運びとなりました。テーマは”祈りと風景”。仏教美術の至宝や珠玉の工芸品、平安の屏風絵として唯一の遺品《山水屏風》をはじめとする山水画の名品などを通して、”聖なるもの”を宿す世界としての風景への思い、自然との交わりの中で育んできた心性を探っていきます。
国宝6件、重要文化財22件を含む日本・東洋美術の至宝。かつてない規模でご覧いただく京都国立博物館のエッセンスを、是非お楽しみください。
(静岡県立美術館HPより)
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2011/05.php

10/25/2011