INCLUSIVE DESIGN NOW2011…京都大学総合博物館

2011年11月16日(水)〜12月4日(日)
ユーザー参加によって社会の革新をめざすインクルーシブデザインの実践事例を紹介。

会期:2011年11月16日(水)〜12月4日(日)
休館日:月曜日、火曜日
時間:9:30~16:30(入館は閉館30分前まで)
会場:京都大学総合博物館
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/guide.php
観覧料:
一般400円
高校・大学300円
小・中学生200円
身体障害者手帳をお持ちの方無料
70歳以上の方無料

■京都大学総合博物館
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/

内容:
多様な個性や能力をもつユーザーの参加によって社会の革新をめざすインクルーシブデザイン。障害のある人や高齢者といった身体的に特別なニーズをもつ人の課題だけではなく、貧困や環境問題、災害など、さまざまな社会的な課題に対してデザインによる解決をめざす実践です。

 INCLUSIVE DESIGN NOW2011では、リサーチプロセスの公開・共有の視点から、展示・シンポジウム・ワークショップを通して、社会的包摂をめざすインクルーシブデザインの可能性を紹介します。
(京都大学総合博物館HPより)
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0025.html

10/25/2011