瀧口修造とマルセル・デュシャン…千葉市美術館

2011年11月22日(火)~ 2012年1月29日(日)
瀧口修造とマルセル・デュシャンの交流を300点を超える作品や資料を通じて紹介。

会期:2011年11月22日(火)~ 2012年1月29日(日)
休館日:12月5日(月)、12月29日〜1月3日
時間:10:00~18:00(金・土~20:00、入場は閉館30分前まで)
会場:千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/information_03.html
観覧料:
一般800円
大学生560円
小・中学生、高校生無料
障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

■千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/index.html

内容:
 瀧口修造 (1903-1979) は、1938年、『みづゑ』誌上に「マルセル・デュシャン(調革の論理)」を、1955年には『藝術新潮』に「異色作家列伝12:デュシャン」を発表し、日本のマルセル・デュシャン受容において先駆的な役割を果たしました。けれども瀧口にとってデュシャンが真に特別の存在となるのは、スペインのカダケスにあるサルヴァドール・ダリ宅を訪れた際に、このダダの巨匠との邂逅を果たしたのちのことです。以後瀧口はデュシャンと手紙のやり取りを続け、彼の異名「ローズ・セラヴィ」を冠したオブジェ・ショップの構想、『マルセル・デュシャン語録』の編纂、岡崎和郎の助けをかりての《檢眼圖》の制作など、最晩年に至るまで精神的なつながりを保ち続けました。

 本展は、300点を超える作品や資料をとおして、瀧口修造とマルセル・デュシャンの交流を紹介します。第1部では「大ガラス」を未完のまま放棄した1923年以降のデュシャンの作品を展示し、第2部では瀧口とデュシャンの具体的な交流やつながりを、二人の作品や写真・書簡等の資料によって編年順に跡づけていきます。また第3部では、ジャスパー・ジョーンズ、マン・レイ、荒川修作、岡崎和郎をはじめ、瀧口が交友を結んだ14人の作家たちによる、瀧口ゆかりの作品およびデュシャン関連作品を展示します。
(千葉市美術館HPより)
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2011/1122/1122.html

11/04/2011