ストリート・ライフ ヨーロッパを見つめた7人の写真家たち…東京都写真美術館

2011年12月10日(土)~ 2012年1月29日(日)
19世紀後半から20世紀前半のヨーロッパにおけるソーシャル・ドキュメンタリー写真に焦点を当て構成。

会期: 2011年12月10日(土)~ 2012年1月29日(日)
休館日:月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
時間:10:00〜18:00(木・金〜20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:東京都写真美術館
http://www.syabi.com/contents/navigation/index.html
観覧料:
一般600円
学生500円
中高生・65歳以上400円
小学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
第3水曜日は65歳以上無料

■東京都写真美術館
http://www.syabi.com/

内容:
本展では、当館で2004年に開催した「明日を夢見て~アメリカ社会を動かしたソーシャル・ドキュメンタリー」展のヨーロッパ版となる展覧会として、イギリス、ドイツ、フランスで19世紀後半から20世紀前半に展開したソーシャル・ドキュメンタリー写真に焦点をあてます。
ヨーロッパでも社会改良の手段としての写真は見られましたが、国家プロジェクトのキャンペーンなどによって、ソーシャル・ドキュメンタリー写真が有効に機能したアメリカとは異なる展開を見せました。ヨーロッパでは近代化に伴い急速な変化を遂げる都市のすがたを記録として残そうと、消えゆく街角や生活風景などが記録されました。そうした都市風景の記録写真は、失われていく歴史を後世に伝えるために写し留めています。
当時の時代背景や地域性に目を向けながら、記録精神が紡ぎ出したヨーロッパのソーシャル・ドキュメンタリー写真の優れた感性や創造力を、この分野のパイオニアであるトーマス・アナン、ジョン・トムソン、ビル・ブラント、ブラッサイ、ウジェーヌ・アジェ、アウグスト・ザンダー、ハインリッヒ・ツィレの7人の写真家たちの作品から見ようとするものです。
(東京都写真美術館HPより)
http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1448.html

11/16/2011