アンリ・ル・シダネル展…埼玉県立近代美術館

2011年11月12日(土)~2012年2月5日(日)
印象主義や新印象主義を継承し、独自の画風を確立したフランスの画家アンリ・ル・シダネルの世界を紹介。

会期:2011年11月12日(土)~2012年2月5日(日)
休館日:月曜日(ただし11月14日、1月9日は開館)、12月27日(火)~1月6日(金)
時間:10:00~17:30 (入場は閉館30分前まで)
会場:埼玉県立近代美術館企画展示室
http://www.momas.jp/002annai/2.htm
観覧料:
一般1100円
大高生880円
中学生以下無料
65歳以上無料
障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名を含む)は無料

■埼玉県立近代美術館
http://www.momas.jp/index.html

内容:
薔薇の庭、木漏れ日、ガーデンテーブル、夕暮れの家々の窓の灯り―アンリ・ル・シダネル(1862-1939)の絵画は、郷愁に満ちた柔らかな雰囲気で観るひとを優しく包み込みます。

シダネルは、印象主義や新印象主義を継承して独自の画風を確立したフランスの画家で、親しみやすい作風で世界中の美術愛好家を魅了しました。

近代日本の洋画家にも影響を与えた画家の全貌を、日本で初めて紹介する機会です。
(埼玉県立近代美術館HPより)
http://www.momas.jp/003kikaku/k2011/k2011.11/k2011.11.htm

11/17/2011