エリック・ギルのタイポグラフィ…多摩美術大学美術館

2011年12月17日(土)〜2012年1月29日(日)
20世紀英国を代表する芸術家であり、活字書体《Gill Sans》を作ったエリック・ギルの仕事を、ドローイングや版画、書籍、書体見本帳を含む約200点で紹介。

会期:2011年12月17日(土)〜2012年1月29日(日)
休館日:火曜日、12月28日~1月5日
時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
会場:多摩美術大学美術館
http://www.tamabi.ac.jp/museum/info02.htm
入館料:
一般300円
大・高校生200円
中学生以下無料
障害者および同伴者は無料

■多摩美術大学美術館
http://www.tamabi.ac.jp/museum/default.htm

内容:
エリック・ギル(Arthur Eric Rowton Gill, 1882-1940)は、石彫100点、碑文750点、木版画1,000点におよぶ膨大な作品と、美術工芸や社会改革に関わる約300点の著述を残した、20世紀英国を誇る芸術家です。
 女性の豊かな裸体を表現した彫刻、私家版の書物を飾った神々の挿絵、古代ローマのアルファベットを蘇らせた石碑文は、いずれもギルの手によって描かれた神秘的な曲線美をもっています。敬虔なカトリック信者である一方でタブーをこえる奔放な感情を貫き、手工芸思想を追い求めながらも産業化の波にのまれてゆく宿命は、矛盾に満ちた20世紀における表現者の喜びと苦悩を体現する姿そのものです。アーツ&クラフツ運動の精神を継承した芸術家のなかでも、ひときわ異彩を放っているといえるでしょう。
 そのようなギルの創作活動のなかで際立つのが、文字の造形を芸術の域にまで高めたレタリングとタイポグラフィの才能です。たとえば、1920年代末にギルが設計した活字書体《Gill Sans》は、第一次世界大戦前からギルが手掛けてきた数百枚の石碑文の結晶であるとともに、幾何学的な構造を取り入れて大量生産に対応するための工業製品でもあり、文字の伝統美に現代の合理性を調和させた、20世紀タイポグラフィの傑作といえます。ペンギン・ブックスやロンドン北東鉄道(LNER)、英国放送協会(BBC)の公式書体をはじめ汎用活字書体として広く使われ、以後のグラフィックデザインに与えた影響の大きさははかり知れません。
 この展覧会は、ギルが携わった文字の造形を中心とした作品の中から、ドローイングや版画、書籍、書体見本帳を含む約200点を展示します。巨匠の手がつくり出す文字の造形美を一覧することにより、現代におけるタイポグラフィの意義を考えます。
(多摩美術大学美術館HPより)
http://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/next_default.htm

11/18/2011