刊本作品ー武井武雄が創った奇跡の美書たちー…岡谷市日本童画美術館 イルフ童画館

2011年11月18日(金)~2012年2月14日(火)
『コドモノクニ』や『キンダーブック』の表紙絵を手掛けた童画家・武井武雄による造本作品139冊を一堂に。

会期:2011年11月18日(金)~2012年2月14日(火)
休館日:木曜日、12月31日、1月1日
時間:9:00~18:00
会場:岡谷市日本童画美術館 イルフ童画館
http://www.ilf.jp/info/access.html
入館料:
一般800円
中・高校生400円
小学生200円

■岡谷市日本童画美術館 イルフ童画館
http://www.ilf.jp/

内容:
「本は限りなく成長すべきものである。」
童画家として活躍する武井武雄が、ブックアートを数多く手掛ける中で、遺憾なく自分の本づくりがしたいと創り始めたのがこの「刊本作品」であった。装丁だけでなく、1冊の本すべてを総合芸術と考え、その可能性を約半世紀にも渡って探求し続けた、自身のライフワークでもある。チャレンジ精神に燃える武井が創りたかった139冊がここにある。

中には伝統工芸を取り入れたり、紙の原料の種子栽培から手掛け、4年半もの歳月を費やしたものもある。しかも毎回の苦労に関わらず利益は一切なし。贅を尽くした、エキセントリックな奇跡の美書といえよう。
イルフ童画館が所蔵する刊本作品の膨大な資料の中から「本づくりの鬼・武井武雄」の仕事を一挙公開。この冬、イルフな刊本作品をみなさまに贈ります。
(イルフ童画館HPより)
http://www.ilf.jp/exhibition/archives/000035.html


※amazon以外ではまだ入手可能

関連情報:
■童画家 武井武雄 創造のおもちゃ箱…清須市はるひ美術館
http://infolib.kobe-du.ac.jp/2011/07/15/49887/

11/18/2011