ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト―写真、絵画、グラフィック・アート…神奈川県立近代美術館 葉山

2011年12月3日(土)〜1月29日(日)
国内外から集めたテンペラ、水彩、ドローイング、ポスター、版画、素描、写真など総展示点数600点により画家ベン・シャーンの回顧展を開催。

会期:2011年12月3日(土)〜1月29日(日)
休館日:月曜日(ただし1月9日は開館)、12月29日(木)~1月3日(火)
時間:9:30~17:00(入館は4時30分まで)
会場:神奈川県立近代美術館葉山
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/hayama/access.html
観覧料:
一般1100円
20歳未満・学生950円
65歳以上550円
高校生100円
中学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方は無料

■神奈川県立近代美術館葉山
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/index.html

内容:
ニューヨークを舞台に活躍し、日本の美術・デザインに大きな影響を与えたアメリカの画家ベン・シャーン(1898-1969)の20年ぶりの回顧展です。
ボストンのフォッグ美術館の協力を得て300点近い写真画像を公開します。その多くが、シャーンの絵画のイメージソースになりました。また、1960年来日時にシャーンが撮影した写真を初めて展示します。
国内外からテンペラ、水彩、ドローイング、ポスター、版画、素描などを集め、写真を含めた総展示点数が600点におよぶ本展では、社会や人間の存在から目をそらさずに、伝えるべき何かを見失わなかったシャーンの、複数のメディアを行き交う展開がみどころです。
(神奈川県立近代美術館 葉山HPより)
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/public/ExhibitionTop.do

11/28/2011