草原の王朝 契丹—美しき3人のプリンセス— …静岡県立美術館

2011年 12月17日(土)〜2012年3月4日(日)
世界初公開50件、一級文物45件を含む127件で、知られざる契丹文化の全貌を紹介。

会期:2011年 12月17日(土)〜2012年3月4日(日)
休館日:月曜日(ただし1月2日、1月9日は開館)、12月29日〜1月1日、1月10日(火)
時間:10:00〜17:30(入場は閉館30分前まで)
会場:静岡県立美術館
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/access/
観覧料:
一般1200円
高・大学・70歳以上600円
中学生以下無料
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は無料 

■静岡県立美術館
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/

内容:
いまからおよそ1000年前、唐王朝が滅亡し中華世界が混沌を続ける中、北アジアの草原地帯に生まれた一大王朝が「契丹(きったん)」です。巧みな騎馬戦術と唐を継承する高い工芸技術によって国力を増大させ、200年の長きにわたって栄華を極めました。
本展覧会では、契丹文化の粋を集めた、美しい宝飾品、ガラス細工、陶磁器などの文化財を、契丹を生きた3人のプリンセスに焦点を当てて紹介します。
世界初公開50件、一級文物45件を含む、選りすぐりの作品127件から、知られざる契丹文化の全貌に迫ります。
(静岡県立美術館HPより)
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2011/06.php

11/29/2011