開館30年プレ企画 特別展 日本絵画のひみつ …神戸市立博物館

2011年12月10日(土)~ 2012年1月22日(日)
「形態」「素材」「技法」などの多角的なアプローチにより日本絵画の秘密に迫る。

会期:2011年12月10日(土)~ 2012年1月22日(日)
休館日:月曜日(ただし1月9日は開館)、12月29日(木)〜1月3日(火)
時間:10:00〜17:00(金曜日〜19:00、入館は閉館30分前まで)
会場:神戸市立博物館
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/info/access.html
観覧料:
一般1000円
高校・大学生700円
小・中学生400円
障害のある方は身体障害者手帳・療育手帳などの提示で無料

■神戸市立博物館
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html

内容:
日本には、古くから受け継がれてきた絵画のスタイルがあります。しかし、今日ではこうした伝統的な様式を用いて絵を描く機会は、ほとんどないといってよいでしょう。本展は、私たちから少々縁遠い存在となってしまった日本絵画のひみつを解き明かし、その特質と魅力を知っていただく試みです。
 本展では、「日本において製作された異国趣味美術品」をテーマとした池長孟(いけなが・はじめ)コレクションをはじめ、所蔵作品や関連作品を通して、伝統的な様式の継承(古画の学習・模写)や新しい画法(西洋画法)の習得、粉本(ふんぽん、絵手本・下絵)や画家の交遊関係に注目しながら、近世の画家がどのようにして作品を生み出していったのかを紹介します。また、「形態」「素材」「技法」などの多角的なアプローチによって、「日本絵画のひみつ」に迫ります。
(神戸市立博物館HPより)
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/tokuten/2011_03himitsu.html

11/29/2011