日土小学校と松村正恒展―保存再生された木造校舎―…大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」

2011年12月3日(土)~ 12月25日(日)
建築家松村正恒の代表作、日土小学校を中心に木造モダニズム建築の魅力を紹介。

会期:2011年12月3日(土)~ 12月25日(日)
休館日:火曜日、12月19日(月)
時間:10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」
http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/frame/0_frame.html
観覧料:
200円(企画展のみ)

■大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」
http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/frame/0_frame.html

内容:
建築家松村正恒(1913~1993)は、故郷である愛媛県八幡浜市の建築技師として多くの学校や病院を建設してきましたが、昭和33年に建築された「日土(ひづち)小学校」は今も学校として使われており、彼の代表作として知られます。両面からの採光と通風を確保した教室、ゆったりとした廊下や階段、川に面したテラスなど、そのデザインは斬新で、日本を代表する木造モダニズム建築として平成11年にはDocomomo20選に選定されました。その後、建物の老朽化や耐震性能の課題から建て替えの危機に直面しましたが、地元の人びとの情熱と叡智を結集し、新校舎を増築しながらの保存再生が進められ、平成21年に現代的な機能や耐震性を備えた小学校として完成しました。
 この展覧会では、日土小学校を中心とした松村の作品を通して、木造モダニズム建築の魅力を紹介するとともに、保存再生の今日的意義や可能性についても再考します。
(大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」HPより)
http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/frame/0_frame.html

12/02/2011