ビジュアル・サーカス|AR三兄弟 off-Nibroll 明和電機…SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム

2011年12月17日(土)~2012年4月8日(日)
映像とパフォーマンスが融合した作品を制作する3組のアーティストを紹介。

会期:2011年12月17日(土)~2012年4月8日(日)
休館日:月曜日(ただし祝日は開館、翌平日休館)、12月29日~1月3日、3月21日~3月23日
時間:9:30~17:00(入場は閉館30分前まで)
会場:SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム
http://www.skipcity.jp/access/
入館料:
大人500円
小中学生250円

■SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム
http://www.skipcity.jp/vm/

内容:
映像と身体表現であるパフォーマンス。本企画展では、一見相反する2つの事柄が様々なかたちで融合している、3組のアーティストの作品を紹介いたします。会期中の3か月間、作品の拡張部分としての数々のパフォーマンスイベントも開催。企画展コーナーは、サーカス会場の様に多彩に変化していきます。

私たちの日常の一部でありながら、しばしば非日常を映し出す映像。日常の中にフッと現れて曲芸や猛獣使いなど、超絶パフォーマンスを見せる非日常空間であるサーカス。そんな映像(ビジュアル)とサーカスの対比に示される様に、今回の企画展は意外性や多面性を持った展示になることでしょう。

エンターテイメント性に溢れた作品やパフォーマンスを楽しみながら、今回の企画展が、これからの映像と身体を持った存在である私たちとの関わり方について、様々な角度から考える機会になれば幸いです。
(映像ミュージアムHPより)
http://www.skipcity.jp/event/vm/1111081.html

12/12/2011